用語

CPU、メモリ、ハードディスクの違い

今回は、パソコンを使う時によく聞くけれど、混同しやすい用語について説明したいと思います。

CPUとメモリ、ハードディスクについて見ていきます。

CPUとは

CPUはCentral Processing Unitの頭文字を取ってそう呼ばれます。

コンピューターの中枢を担う電子回路のことで、コンピューターの基本性能を左右する重要な部分です

各種装置をコントロールしたり、データを処理したりする役割があります。

代表的なCPUには、インテル社のCore  2 DuoやCore i7、AMD社のPhenom、Turionなどがあります。

あなたのパソコンにも、どれか入っているのではないでしょうか。

メモリとは

メモリというのは英語で記憶(memory)を意味し、コンピューターの記憶装置のことです。

CPUにコントロールされてデータの読み出しや書き込みをするものです。

メモリには2種類あって、データの読み出しと書き込みが両方ともできるRAM(ラム)と読み出しのみのROM(ロム)があります

一般にメモリというと、RAMのことを指します。

RAMはRandom Access Memoryの略で、記憶装置内の情報を任意抽出方式で呼び出すメモリのことです。

RAMに書き込まれたデータは、一時的に保存されますが、コンピューターの電源を切ると消去される仕組みです。

ROMはRead Only Memoryの略で、読み出しだけするメモリ、というそのままの意味です。

ROMの内容は電源を切った後でも保存することができます。

ハードディスクとは

ハードディスクはメモリと混同しがちですが、基本的に違うものです。

ハードディスクは、パソコンに内蔵されていてアプリケーションソフトやデータなどを保管する場所です。

別名HDDやHDドライブとも呼ばれます。

ハードディスクの中にはプラッタと呼ばれる円形の金属盤があります。

このプラッタに、同じくハードディスク内にある磁気ヘッドを近づけることによって、データの読み出しや書き込みをします。

データのバックアップ

ハードディスクが故障すると、保存されたデータが消えてしまうことがあります。

そういうことがあっても他の場所に同じデータをバックアップしておくと、慌てずに済みます。

ハードディスクのデータは定期的にバックアップしておきましょう。

バックアップというのは、2か所に同じOSやデータファイルなどが存在していることを指します。

 

以上、CPUとメモリ、ハードディスクの違いについて説明しました。

漠然とでも知っておくと便利です。

 

ランキングに参加しています。押していただけると励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

関連記事

  1. 初心者

    ネットビジネスとアフィリエイトの種類

    今回は、私がよく記事に書いているアフィリエイトのことを説明したいと思い…

  2. 用語

    コピー&ペースト(コピペ)とは?

    今回はパソコンの基本操作の一つである、コピー&ペースト(コピペ)につい…

  3. 用語

    デフォルトとカスタマイズの意味

    インターネットを使っていると、デフォルトやカスタマイズという言葉を見か…

  4. 用語

    ドラッグ&ドロップの仕方を覚えよう

    今日はドラッグ&ドロップとは、どういうことをするのか解説したいと思いま…

  5. 初心者

    アイコンとショートカットとは?

    今回は、初心者向けの用語の説明です。アイコンとショートカットを…

  6. 用語

    ファイルとフォルダとは

    ファイルとフォルダもよく見たり聞いたりするパソコン用語です。…

コメント

    • ゆーみん
    • 2018年 5月 28日

    こんにちは!

    まだまだ初心者でわからないことだらけなのですが、PCの事ももっと詳しくならないとだめですね!
    ありがとうございました^^

      • 山野ゆめ
      • 2018年 5月 29日

      こんにちは。
      なんとなくでも知っておけばいいと思いますので、徐々に勉強されれば大丈夫です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP