用語

パソコンで使われるデータ容量

パソコンのデータ容量単位

パソコンのデータ容量を表す単位は、B(バイト)がよく使われています。

バイトには、KB(キロバイト)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)などの単位があります。

それより大きいTB(テラバイト)、PB(ペタバイト)、EB(エクサバイト)などは、個人がパソコンで使うことはほとんどないので、知っているだけでいいでしょう。

パソコン内のハードディスクやファイル、フォルダの容量は、このキロバイトやメガバイト、ギガバイトなどで表わされています。

それ以外に、USBメモリーやデジカメなども同じ単位が使われています。

半角英数字の1文字が1バイトであると言えば、分かりやすいと思います。

全角のひらがな、カタカナのほとんどが、1文字に2バイト使います。

1024倍で単位が変わる理由

単位が変わるのは、1キロバイト=1024バイトと、1000倍ではなく1024倍になっています。

同様に1メガバイト=1024キロバイト、1ギガバイト=1024メガバイトというように、それぞれ1024倍にしていくと単位が変わっていきます。

どうして1000倍ではなく1024倍なのでしょう? 

それは、コンピューターが二進法を使うことに関係があります。

 二進法では、2の10乗である1024倍にしたほうが分かりやすいためです。

普段はほぼ1000倍で単位が変わると覚えておけばいいでしょう。

ちなみに、データの容量をあらわす最小単位は1bit(ビット)で、8ビットが1バイトになります。

また、国際単位というものもあり、こちらは1000倍で単位が変わりますが、あまり一般的ではありません。

具体的なデータ容量

それでは、具体的にどれくらいの容量があるか、見ていきましょう。

CDは700メガバイト、DVD=4.7ギガバイト、ブルーレイ=25ギガバイトです。

USBメモリはかなり幅があり、4~64ギガバイト、デジカメも2~64ギガバイトあります。

パソコンのハードディスクはデータを記録するため容量がかなり大きく、160ギガバイト~3テラバイトもあります。

データ容量の調べ方

パソコン内のファイルやフォルダのデータ容量は、簡単に調べることができます。

調べたいファイルやフォルダにカーソルを合わせて右クリックします。

そうするとプロパティというメニューが出てくるので、クリックします。

 

サイズという項目に書かれているのが、そのフォルダやファイルの容量です。

 

パソコン内部や周辺機器のデータ容量について説明してきました。

基本的なことなので、覚えておくといいでしょう。

 

ランキングに参加しています。押していただけると励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

関連記事

  1. 初心者

    マウスの基本操作

    今回は私の復習も兼ねて、マウスの基本操作について改めて書いてみようと思…

  2. 初心者

    Wi-Fi(ワイファイ)の接続方法

    あなたはWi-Fiを知っていますか?Wi-Fiがどんなものか知…

  3. 初心者

    ブログとは?

    今回は、ブログとは何か、ということについて書きたいと思います。…

  4. 用語

    コピー&ペースト(コピペ)とは?

    今回はパソコンの基本操作の一つである、コピー&ペースト(コピペ)につい…

  5. 用語

    URLって何?こっそり教えます

    インターネットを使っていると、「URL」(ユーアールエル)というものを…

  6. 用語

    デフォルトとカスタマイズの意味

    インターネットを使っていると、デフォルトやカスタマイズという言葉を見か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP