用語

ドラッグ&ドロップの仕方を覚えよう

今日はドラッグ&ドロップとは、どういうことをするのか解説したいと思います。

わからないと難しいんじゃないか、と不安になるかもしれませんが、ご安心ください。

丁寧に解説していますから、大丈夫ですよ。

それでは、始めます。

ドラッグ&ドロップの基本操作

ドラッグ&ドロップはマウスの動かし方の一つで、二つの動作から成り立っています。

まず、ドラッグは「引きずる」という意味で、移動したいもの(アイコンやファイル、画像など)の上にマウスのマークを持って行き、マウスの左側のボタンを押したままマウスを移動させることです。

ボタンを押したときにつかんだものを、パソコン上の好きな場所に移動させることができます。

希望の場所まで来たら、左側のボタンを離します。

そうしたら、掴んで移動させたものをその場所に置くことができます。

それがドロップ(落とすこと)です。

簡単な操作ですから、少し練習すれば誰でもできるようになります。

パソコンを使う際の基本的な動作の一つなので、ぜひできるようにがんばってください。

ドラッグ&ドロップを使う場面

ドラッグ&ドロップはいろいろな場面で使います。

①ゴミ箱に削除したい物を移す

デスクトップ上にあるファイルやアイコンなどをゴミ箱に移す時は、ドラッグ&ドロップを使うと簡単です。

小さいですが、写真の上のほうのアイコンがゴミ箱です。

(画像をクリックすると拡大します)

ゴミ箱に移したいものを、右クリックして「削除」を押してもできますが、ドラッグ&ドロップのほうが早いので、おすすめです。

 

②フォルダーにファイルや画像を移す

また、ファイルや画像をフォルダーに入れる時も使えます。

ファイルや画像を移動してきて、入れたいフォルダーの上で離すと中に入ります。

ちゃんと入ったかどうかは、フォルダーを開くと確認できます。

 

③文章の一部をほかの箇所に移す

それから、文章を書いていて、一部分を他の場所に移すこともできます。

移したい部分を左クリックでスライドさせて選んで、一度離します。

(画像をクリックすると拡大します)

その選んだ部分は色が変わるので、色が変わった部分のどこでもいいのでドラッグして移動したい場所に持っていき、ドロップします。

その都度書き換えずに済むので、時間短縮になります。

 

このようにドラッグ&ドロップはとても便利なものです。

時間も手間も短縮できて、パソコンの操作が画期的に楽になりますよ。

初めはうまくいかなくても、練習すれば必ず上手にできるようになります。

あきらめずに続けることがとても大事です。

使いこなせるようになるまで、ゆっくりでもいいので練習してみてください。

関連記事

  1. 初心者

    Wi-Fi(ワイファイ)の接続方法

    あなたはWi-Fiを知っていますか?Wi-Fiがどんなものか知…

  2. 用語

    OSとは

    OS(オーエス)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。…

  3. 用語

    コピー&ペースト(コピペ)とは?

    今回はパソコンの基本操作の一つである、コピー&ペースト(コピペ)につい…

  4. 用語

    ファイルとフォルダとは

    ファイルとフォルダもよく見たり聞いたりするパソコン用語です。…

  5. 用語

    パソコンのハードウェアとソフトウェア

    パソコンには、ハードウェアとソフトウェアが存在します。パソコン…

  6. 用語

    パソコンで使われるデータ容量

    パソコンのデータ容量単位パソコンのデータ容量を表す単位は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP